不登校新聞

233号(2008.1.1)

戯作家 パオロ・マッツァリーノさんに聞く

2014年11月26日 14:34 by 匿名
――道徳を小中学校の正式課目にすべきだという動きがありますが、これについてのお考えは?
 道徳の授業でどんなこと教えるんでしょうね。世間では公務員のいわゆる「天下り」ってのが倫理道徳上、問題視されてます。私が道徳の教科書をつくるなら、ぜひ、これを取り上げたい。「衆議院の調査によると、文部科学省からの天下りだけでも、3000人ほどいるとのことです。みなさんはどう思いますか。クラスのみんなで話し合ってみましょう」。

 まあ絶対、検定通らないだろうけど(笑)。

 少年犯罪が起きると、すぐに「少年の心の闇」がどうだのこうだのと議論されます。でも、心に闇がない人なんているんですかね。まともに心理学や精神医学を研究している人ならば、わかってるはずですが、あまり指摘されません。高齢化の影響もありますけど、統計を見ると、50代、60代の犯罪こそ増えています。なのに、「50代の心の闇」は不思議と報道されません。

 偽装問題とかもそうですが、どうみても、道徳教育が必要なのはオトナのほうじゃないですかねえ。

――しかし「青少年の道徳観の低下」は、多くの方から指摘されています。
 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新学期目前、今の子どもの心境は。4つの行動パターンと対応方法

551号 2021/4/1

子どもの人権を守るために、子どもの居場所で取り組むべき4つのこと

550号 2021/3/15

「学校に行きたくない」と言われたら。子どもの気持ちとの向き合い方

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...