不登校新聞

399号 2014/12/1

渡辺位さんの言葉「言葉ではなく心が通じること」

2015年01月13日 14:53 by kito-shin


連載「渡辺位さんの言葉」


 「ことばには、心・気持ちがある」「現象にとらわれてはいけない」「人間は心で生きている」。
 
 先生は、いろいろな言い方で、ことばや現象の背後にあるものを、理屈ぬきで感じることの大事さを伝えてくださった。不登校や親ゼミに出会った当初、子どもの表面的な言動や姿に一喜一憂し、どうしていいかわからない不安と焦りでいっぱいだった。心のなかで自分を責め、なんとかしなければ……、という思いは子どもの「いま」を否定してしまっていただろう。相手のことを思っているようで、じつは、自分のつらさをなんとかしたくて精一杯だったのだ。そんな母に子どもの心が通じるわけはなく……。
 
 何とかしようとするのではなく、感じること……。今までの価値観をちょっと置いて疑ってみる。それまで、無意識のうちに評価や世間体を気にして、子どものつらさや気持ちを受けとめられていない自分の存在。ことばや現象の裏にあるものは、なにかのサインだったり、反応を確かめるためのものだったり、承認されたい気持ちのあらわれかもしれない。受けとめる、こちらの姿勢が問われるのだ……、ということが少しずつ自分のなかに入ってきて、本当に狭い観方しかできていなっかたのだと、なんとも言えない気持ちがした。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...