今回の政策アンケート記事は、とっても書くのが難しかったので、感想を書いておきます。
 
 これまでの本紙政策アンケートでは、与党と野党で意見が二分されていました。要するに与党・自公は既存政策に賛同し、推し進めようとする。一方、共産党などが既存の政策を批判。民主党は、その中間あたりに属し、どちらに振れるかは毎回ちがってきました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。