不登校新聞

235号(2008.2.1)

第1回 スクールソーシャルワークとは

2014年12月03日 14:37 by 匿名


連載「スクールソーシャルワーク」


 今号から新連載「子どもたちに知ってもらいたい・スクールソーシャルワーク」がスタートする。執筆するのは、1980年代半ばに、日本ではじめてスクールソーシャルワークを行なった山下英三郎さん(日本スクールソーシャルワーク協会会長)。山下英三郎さんが、スクールソーシャルワークとはどんなことをするのかや海外の実践例などを執筆する。

 文部科学省が4月から15億円の予算をつけて、全国141の地域にスクールソーシャルワーカー(以下、ワーカー)を配置するっていうニュースが、各地の新聞に載ったから目にした人もいるかもしれないね。

SSWって知ってる?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...