不登校新聞

235号(2008.2.1)

声「息子の成人式」

2014年12月03日 14:59 by nakajima_


 うちの息子は今年成人式。生まれたのは1988年ソウル五輪開催年と覚えています。中学2年の始業式の翌日から中学校へ行かなくなり、ずっと家にいてもう7年経ちました。

 市から成人式の案内が届きましたが、息子はそれを読んで「記念品は何かわからんけどいらない」と言って出席しないと決めました。成人式に合わせて開かれる同窓会にも、少し考えて参加しないことを決め、期限までに返事を出しました。返信はがきの書き方で「御欠席」の[御]を二重線で消すとか、宛先の名前に「様」と書くのだと話したら、「ほ~~っ」と感心して、自分の名前や住所をていねいに書い
ていました。

 なので、成人式当日はいつもの休日どおり。昼までゆっくり寝て、午後からはTVゲームをしていました。「いつもの休日どおり」というのは、ふだんの平日はネット上で株の売り買いをしています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...