不登校新聞

235号(2008.2.1)

わが家の場合「こんな学校、ありえない?!」

2014年12月03日 15:04 by nakajima_


 「こんな学校あるわけない!」。2人の娘がこう叫んだのが1年と少し前。学校法人格取得の
情報が掲載されている東京シューレのホームページを見ていたときだった。

 傍らにいた娘たちは子どもが学校をつくるなんてありえない」「先生って呼ばない学校なんてありえない」などなど、「ありえない!」を連発していた。

しかし現在、娘は2人ともその「ありえない学校」で毎日お世話になっている。

 2人が学校に行けなくなったのはまったく同時で、上が中1、下が小5の夏休み明けだった。

 引っ越しで住環境が大幅に変わったことが引き金になったのではと思っているが、不登校の原因というものは考えればキリがない。部活と塾の両立、教師不信と学級崩壊、親の過干渉と怠慢など。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...