不登校新聞

235号(2008.2.1)

球体関節人形作家・陽月さんに聞く

2014年12月11日 15:43 by 匿名


 みなさんは「球体関節人形」という人形をご存じだろうか。その名の通り、各関節の形状が球体になっているのが特徴で、さまざまなポーズをとらせることができ、最近では韓国などでも密かなブームを呼んでいる。今回は、その球体関節人形の作家である陽月さんに、人形作家になったきっかけや仕事についてのお考えなどうかがった。

――「球体関節人形」をつくるようになったきっかけは?
もともとは、デザイン関係の職場で働いていたんです。「サインデザイン」といって、石板やポップのデザインをおもに扱う仕事をしていました。ただ、「何かちがう」という違和感はずっとあって、自分にあったことはないかと探していました。そんなとき、天野可淡さんという方の球体関節人形の写真集に出会いました。本当に衝撃的で、「こんな世界があるのか。私もこんなインパクトのある作品がっくりたい」と思い立って、いま講師を務めている「ピグマリオン」という人形教室に通うようになりました。偶然に見かけたI冊の本をきっかけに、この世界に入って10年。いまの自分にぴったり合っているなと思います。

 組織に感じた違和感

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新学期目前、今の子どもの心境は。4つの行動パターンと対応方法

551号 2021/4/1

子どもの人権を守るために、子どもの居場所で取り組むべき4つのこと

550号 2021/3/15

「学校に行きたくない」と言われたら。子どもの気持ちとの向き合い方

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...