不登校新聞

235号(2008.2.1)

球体関節人形作家・陽月さんに聞く

2014年12月11日 15:43 by nakajima_


 みなさんは「球体関節人形」という人形をご存じだろうか。その名の通り、各関節の形状が球体になっているのが特徴で、さまざまなポーズをとらせることができ、最近では韓国などでも密かなブームを呼んでいる。今回は、その球体関節人形の作家である陽月さんに、人形作家になったきっかけや仕事についてのお考えなどうかがった。

――「球体関節人形」をつくるようになったきっかけは?
もともとは、デザイン関係の職場で働いていたんです。「サインデザイン」といって、石板やポップのデザインをおもに扱う仕事をしていました。ただ、「何かちがう」という違和感はずっとあって、自分にあったことはないかと探していました。そんなとき、天野可淡さんという方の球体関節人形の写真集に出会いました。本当に衝撃的で、「こんな世界があるのか。私もこんなインパクトのある作品がっくりたい」と思い立って、いま講師を務めている「ピグマリオン」という人形教室に通うようになりました。偶然に見かけたI冊の本をきっかけに、この世界に入って10年。いまの自分にぴったり合っているなと思います。

 組織に感じた違和感

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ゲームに熱中する子にしてはいけない3つのタブー

534号 2020/7/15

『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感

532号 2020/6/15

子どもと学校に尽くしてこそ「母親」というイメージがつらい

530号 2020/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...