不登校新聞

235号(2008.2.1)

フォトジャーナリスト森住卓さんに聞く集団自決

2014年12月11日 15:41 by 匿名


 沖縄の「集団自決」問題について、本紙前号にて教科書検定という側面から取りあげた。ではもうひとつの側面――当事者の視点からは何か見えてくるだろうか。今回は、「集団自決」の生存者に取材を続けているフォトジャーナリスト・森住卓さんにお話をうかがった。

――「集団自決」問題を取材するきっかけは?
 私は長年、沖縄の米軍基地問題について取材を続けてきました。そのなかで07年3月、「集団自決」における旧日本軍の強制と関与を歴史教科書から削除せよとの検定意見がつきました。この問題をめぐって沖縄県全体が揺れ始めたのを、現地にいた私は肌で感じました。昨今の政治情勢や「集団自決」での軍命令の記述をめぐって争われている『沖縄ノート』訴訟など、一連の動きがあるなかで起きたこの問題をどうしても看過できませんでした。それらを踏まえ、検定意見の根拠となった沖縄県慶良間諸島の座間味村と渡嘉敷村で、いったい何があったのか。きちんと知りたいと思い、生存者の方々への取材を始めました。

――現在、どれくらいの方々への取材を終えたのでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新学期目前、今の子どもの心境は。4つの行動パターンと対応方法

551号 2021/4/1

子どもの人権を守るために、子どもの居場所で取り組むべき4つのこと

550号 2021/3/15

「学校に行きたくない」と言われたら。子どもの気持ちとの向き合い方

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...