不登校新聞

361号(2013.5.1)

大津中2いじめ自殺 第5回

2013年08月06日 14:47 by kito-shin


 少年の自殺後、学校はどのような対応をしてきたのだろうか。詳細をふり返っていきたい。
 
 2011年10月11日(火)午前8時30分ごろ。少年の父親(以下・父親)から「子どもがマンションから落ちた、いま病院に向かっている」との一報が学校に入る。
 
 5分後の8時35分、校長は担任らに現場での状況把握を指示。校長は職員会議を行ない情報を収集。しかし、情報収集は、市教委、警察官、メディア関係者、PTAなどの来校、連絡が相次いだことで、片手間に終わる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...