不登校新聞

361号(2013.5.1)

創刊15周年企画「創刊は98年」

2013年04月26日 16:04 by kito-shin

おかげさまで15周年

 『Fonte』(旧・不登校新聞)が創刊15周年を迎えました。今号では新聞社15年の歴史をふり返ってみたいと思います。創刊15周年企画は文末の「関連キーワード」の「15周年」をクリックしていただくと、15周年企画の一覧が表示されます。
 
◎97年9月1日の自殺を機に。
 
 まずは「不登校新聞創刊」。きっかけとなったのは、1997年8月31日の焼身自殺と体育館放火事件でした。どちらも中学生による事件で、登校を苦にしたものだと思われています。この事件を受け「学校以外の道は死だけではない」ということを伝えるべく、新聞社設立が準備されました。母体は全国の親の会や学校外の居場所。多くの人の協力を得て、98年5月1日に『不登校新聞』第1号を発行。同時に東京、名古屋、大阪で記念集会を開催。
 
 なお、創刊号トップニュースは「金属バット事件」の判決。「金属バット事件」は96年、寝ていた長男(14歳)を父親が金属バットで殺害した事件です。長男は「学校に行きたくない」と訴えていました。(石井志昂)

関連記事

【公開】樹木希林さん講演録、次号掲載

421号 2015/11/1

【告知】この秋『不登校新聞』、俳優・斎藤工さん登場

417号 2015/9/1

全記事無料 緊急号外 明日、学校に行きたくないあなたへ

417号 2015/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...