不登校新聞

創刊号(1998.5.1)

【報道】創刊集会がスタート 5月3日(日)名古屋集会

2013年03月06日 14:30 by koguma

創刊にあたって東京、名古屋、大阪の三ヶ所で行う創刊集会が四月十九日(日)東京を皮切りにスタートした。

 当日は学校に行っていない子どもたちや親、また、医者、養護教諭、教員、保母、などなどさまざまな立場の方が約二〇〇名参加され、マスコミも一〇社ほど来場。

  内容としては、編集顧問の芹沢俊介さんの講演。ついつい堅くなってしまいがちな内容をわかりやすく話され、その後は新聞社理事三人による鼎談。休憩をはさんだのち、親の立場からのお話。最後は子どもたちのシンポジウム。「全国のいろんな人とつながれたらいいな」と言う子がいれば、「今は新聞より他のことのが興味ある」と司会が困ってしまうような発言も。それぞれが楽しそうにわいわいと話してくれました。

 盛りだくさんの内容のせいか、会場の方から発言いただく時間が少なくなってしまいましたが、その分アンケートでたくさんのご意見をいただきました。

 次はいよいよ名古屋集会。講師には鳥取で親の会をやられ、自身も不登校の経験をもち、現在は小児科医の森英俊さんが話されます。あたたかいしゃべりと、にこやかな笑顔に会いにいらして下さい。

 また、三人の理事による鼎談、親、子どもからの発言もあります。お楽しみに。

関連記事

不登校の「教育機会の確保」に向けて 千葉県で議連発足

479号 2018/4/1

4000人調査から見るブラック校則の世代格差とは?

479号 2018/4/1

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...

479号 2018/4/1

中学校には1日も通っていません。25歳のときに生協に就職し、今は生協関連の...

478号 2018/3/15

「ここに名前を書いて印鑑を押せば、息が苦しくなる校門をくぐらなくてすむ、つ...