不登校新聞

232号(2007.12.15)

ひといき 多田耕史・石井志昂

2014年12月11日 12:45 by nakajima_


 ここに2007年9月号の栃木・登校拒否を考える会の通信がある。その表紙には「人生の応援詩シリーズ」としてズーニーヴーの「ひとりの悲しみ」が紹介されている。素晴らしい!

 この曲は1970年に発売され、作詞家・阿久悠さんの意欲作だったが、さっぱり売れず、歌詞を変えて、翌年、尾崎紀世彦が「また逢う日まで」というタイトルで歌い大ヒットしたものである。しかし、ズーニーヴーのバージョンも捨てがたいという人もいる。この売れなかった曲を取り上げるとはGSファンとしてはうれしいかぎりである。

 今年、阿久悠さんが亡くなられた。ご冥福をお祈り申し上げる。  (名古屋支局・多田耕史)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...