不登校新聞

232号(2007.12.15)

教育総研 不登校“問題”に報告書

2014年12月11日 14:12 by nakajima_
 国民教育文化総合研究所(以下・教育総研)が、報告書「子どもの視点に立った不登校問題再検討研究委員会報告」をとりまとめた。報告書の内容を討議した委員は、委員長の山下英三郎さん(スクールソーシャルワーカー)を始め、内田良子さん(子ども相談室「モモの部屋」主宰)、西野博之さん(フリースペースたまりば)、高橋洋子さんが委員(定時制高校教員)、奥地圭子さん(本紙理事)。子どもの視点から見た現状分析や提言が盛りこまれた内容となっていた。

 教育総研は1991年に、日本教職員組合のシンクタンクとして発足した団体。教育・文化や教育運動のあり方について幅広い研究を行なっており、最近では、全国学力テストや教育再生会議に対する声明を発表した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

平成だけで74件 生徒指導の末の自死「指導死」とは何か

482号 2018/5/15

不登校の「教育機会の確保」に向けて 千葉県で議連発足

479号 2018/4/1

4000人調査から見るブラック校則の世代格差とは?

479号 2018/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...