不登校新聞

232号(2007.12.15)

わが家の場合「幸せの瞬間」

2014年12月11日 14:22 by nakajima_


 「お誕生日おめでとう」の私の言葉に、娘の"産んでくれてありがとう”の言葉が重なった。親として、これほどうれしいことはないと思えた瞬間。娘の18歳の誕生日に日付が変わったときのことだ。

 彼女は9歳の秋、突然、学校に行けなくなった。「行きたいのに行けない……」と毎日毎日、泣き続ける娘の姿は痛々しく、ありったけの言葉で励まし抱きしめることしかできない自分がもどかしかった。

 転校先の学校での学級崩壊がきっかけで不登校になったため、娘の希望で以前いた学校に戻れたものの、校長どうしの険悪なムードに巻き込まれるかたちとなり、ふたたび不登校になった。そんな娘につらい登校刺激をくり返し、学校とのやりとりには全身のエネルギーを奪われた。

 以降、家で過ごすことになるが『学校に行って当たり前』という意識を持ち続けていた娘から生まれたものは"激しい自己否定”だった。

 今の彼女からは想像もできないぐらい、悲惨な毎日に、一日が長く感じられた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校は無理せず休ませて」と言われるけど、社会から切り離されそうで怖い

504号 2019/4/15

何度も失敗して見えてきた、ひきこもりの息子に寄り添う方法

503号 2019/4/1

「登校すると体にじんましん」小1から不登校の息子が求めていたのは学び

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...