不登校新聞

232号(2007.12.15)

わが家の場合「幸せの瞬間」

2014年12月11日 14:22 by nakajima_


 「お誕生日おめでとう」の私の言葉に、娘の"産んでくれてありがとう”の言葉が重なった。親として、これほどうれしいことはないと思えた瞬間。娘の18歳の誕生日に日付が変わったときのことだ。

 彼女は9歳の秋、突然、学校に行けなくなった。「行きたいのに行けない……」と毎日毎日、泣き続ける娘の姿は痛々しく、ありったけの言葉で励まし抱きしめることしかできない自分がもどかしかった。

 転校先の学校での学級崩壊がきっかけで不登校になったため、娘の希望で以前いた学校に戻れたものの、校長どうしの険悪なムードに巻き込まれるかたちとなり、ふたたび不登校になった。そんな娘につらい登校刺激をくり返し、学校とのやりとりには全身のエネルギーを奪われた。

 以降、家で過ごすことになるが『学校に行って当たり前』という意識を持ち続けていた娘から生まれたものは"激しい自己否定”だった。

 今の彼女からは想像もできないぐらい、悲惨な毎日に、一日が長く感じられた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「モヤモヤする気持ちが軽くなった」不登校の親の会は私の気持ちが落ち着く場

507号 2019/6/1

「カウンセリング辞めました」親子で違和感を抱えた半年間

507号 2019/6/1

兄弟そろって不登校になったので、毎日が不安でたまらなかった

507号 2019/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...