不登校新聞

232号(2007.12.15)

声「代償が大きすぎる」

2014年12月11日 14:24 by nakajima_


 連載『家庭内暴力』を読むと、胸がとてもざわついて落ち着かなくなります。こんなにひどい暴力を、この親御さんは10年も受けつづけていたのか……。そして、その間、暴力をふるっていた当の子どもさん自身も暴力を受け続けるのと同じ痛みをずっと強いられていたのか…、と。

 子どもなど社会的「弱者」といわれる側からの暴力は、その人の痛みの表現だということはとてもよくわかります。暴力をふるわなければ生きてゆくということすら継続できないほど苦しみなのだと思います。

 でも、その暴力を受けつづけている親はすでに「強者」ではなくなり、権力関係が逆転していると言えないでしょうか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...