不登校新聞

361号(2013.5.1)

創刊15周年企画「行政を動かす報道も」

2013年04月26日 16:02 by kito-shin
 

 本紙報道によって行政が動いたという例もあります。03年、大田区教育委員会が保護者の態度を問題として中1の2名を原級留置にしました。区教委は原級留置の理由について「通常の不登校とは異なり、親が学校からの連絡を拒否し、まったく連絡がとれない状態となっているため」と説明。これに対し「保護者に問題があるとしても、本人が不利益になるのは問題」だと、区内の親の会などが問題指摘をしていました。これらの本紙報道によって事実を知った東京都教委の指導主事は「遺憾なこと」だとし、大田区教委に対して「学校が卒業させる、させないと迫るのではなく、本人、ご家庭が納得できる、最善の利益を優先させるべき」だと、改善を指導しました。
(石井志昂)

関連記事

【公開】樹木希林さん講演録、次号掲載

421号 2015/11/1

【告知】この秋『不登校新聞』、俳優・斎藤工さん登場

417号 2015/9/1

全記事無料 緊急号外 明日、学校に行きたくないあなたへ

417号 2015/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...