不登校新聞

232号(2007.12.15)

声「命がけの抗議」

2014年12月11日 14:26 by 匿名
2014年12月11日 14:26 by 匿名


 『家庭内暴力』の連載、心して読んでいます。

 私は、子どもとの付き合いのなかで「親として何をすべきだろーか? どうしてあげるのが最良なのであろーか?」と、ことごとく考えてしまうビョーキを持っているのです。不登校生活が始まったときも、持病の発作に見舞われ、それでもとにかく、明るく、元気で、健康に育ってほしいと、ただ願っていました。

 次女が11歳のとき、拒食というのか、2カ月間のハンガーストライキをいたしました。

 命がけの抗議でした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】部屋にこもり親を遠ざける息子 固く閉ざされた心を溶かした父の対応

591号 2022/12/1

「強く育てないと」「楽になりたい」不登校の娘と母に起きたすれちがい

588号 2022/10/15

「このままでは親子で共倒れだ」小1で不登校した娘との闘いの日々

587号 2022/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…