不登校新聞

232号(2007.12.15)

声「命がけの抗議」

2014年12月11日 14:26 by nakajima_


 『家庭内暴力』の連載、心して読んでいます。

 私は、子どもとの付き合いのなかで「親として何をすべきだろーか? どうしてあげるのが最良なのであろーか?」と、ことごとく考えてしまうビョーキを持っているのです。不登校生活が始まったときも、持病の発作に見舞われ、それでもとにかく、明るく、元気で、健康に育ってほしいと、ただ願っていました。

 次女が11歳のとき、拒食というのか、2カ月間のハンガーストライキをいたしました。

 命がけの抗議でした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...