不登校新聞

232号(2007.12.15)

声「命がけの抗議」

2014年12月11日 14:26 by nakajima_


 『家庭内暴力』の連載、心して読んでいます。

 私は、子どもとの付き合いのなかで「親として何をすべきだろーか? どうしてあげるのが最良なのであろーか?」と、ことごとく考えてしまうビョーキを持っているのです。不登校生活が始まったときも、持病の発作に見舞われ、それでもとにかく、明るく、元気で、健康に育ってほしいと、ただ願っていました。

 次女が11歳のとき、拒食というのか、2カ月間のハンガーストライキをいたしました。

 命がけの抗議でした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校は無理せず休ませて」と言われるけど、社会から切り離されそうで怖い

504号 2019/4/15

何度も失敗して見えてきた、ひきこもりの息子に寄り添う方法

503号 2019/4/1

「登校すると体にじんましん」小1から不登校の息子が求めていたのは学び

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...