不登校新聞

232号(2007.12.15)

こわれ者の祭典クリスマススペシャル 開催

2014年12月11日 14:56 by 匿名


 07年12月9日、東京・新宿にて「こわれ者の祭典クリスマススペシャル」が行なわれた。こわれ者の祭典では、アルコール依存症や摂食障害などを抱える当事者が、詩の朗読やお笑いコントなどのパフォーマンスを通じて、自身の体験を自慢するという活動を続けている。

 今回のテーマは「生きづらさの2割減」。出演者それぞれの立場で「生きづらさ」を軽減する方法を語った。

 脳性マヒブラザーズというお笑いコンビで活動している周佐則雄さんは「人に嫌われてもかまわないと思える勇気をもつことで、心が少し軽くなった」と語った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...