不登校新聞

232号(2007.12.15)

こわれ者の祭典クリスマススペシャル 開催

2014年12月11日 14:56 by nakajima_


 07年12月9日、東京・新宿にて「こわれ者の祭典クリスマススペシャル」が行なわれた。こわれ者の祭典では、アルコール依存症や摂食障害などを抱える当事者が、詩の朗読やお笑いコントなどのパフォーマンスを通じて、自身の体験を自慢するという活動を続けている。

 今回のテーマは「生きづらさの2割減」。出演者それぞれの立場で「生きづらさ」を軽減する方法を語った。

 脳性マヒブラザーズというお笑いコンビで活動している周佐則雄さんは「人に嫌われてもかまわないと思える勇気をもつことで、心が少し軽くなった」と語った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

195号(2006.6.1)

自殺防止対策基本法案、大綱発表

195号(2006.6.1)

子どもシェルター開設へ NPO法人パオ設立

195号(2006.6.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...