不登校新聞

232号(2007.12.15)

こわれ者の祭典クリスマススペシャル 開催

2014年12月11日 14:56 by nakajima_


 07年12月9日、東京・新宿にて「こわれ者の祭典クリスマススペシャル」が行なわれた。こわれ者の祭典では、アルコール依存症や摂食障害などを抱える当事者が、詩の朗読やお笑いコントなどのパフォーマンスを通じて、自身の体験を自慢するという活動を続けている。

 今回のテーマは「生きづらさの2割減」。出演者それぞれの立場で「生きづらさ」を軽減する方法を語った。

 脳性マヒブラザーズというお笑いコンビで活動している周佐則雄さんは「人に嫌われてもかまわないと思える勇気をもつことで、心が少し軽くなった」と語った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。