不登校新聞

232号(2007.12.15)

こわれ者の祭典クリスマススペシャル 開催

2014年12月11日 14:56 by nakajima_


 07年12月9日、東京・新宿にて「こわれ者の祭典クリスマススペシャル」が行なわれた。こわれ者の祭典では、アルコール依存症や摂食障害などを抱える当事者が、詩の朗読やお笑いコントなどのパフォーマンスを通じて、自身の体験を自慢するという活動を続けている。

 今回のテーマは「生きづらさの2割減」。出演者それぞれの立場で「生きづらさ」を軽減する方法を語った。

 脳性マヒブラザーズというお笑いコンビで活動している周佐則雄さんは「人に嫌われてもかまわないと思える勇気をもつことで、心が少し軽くなった」と語った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

あなたは知っていますか? 1年で最もいじめが多い時期

487号 2018/8/1

「学校に戻すことがゴールじゃない」文科省が不登校対応の歴史的な見直しへ

487号 2018/8/1

平成だけで74件 生徒指導の末の自死「指導死」とは何か

482号 2018/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...