不登校新聞

231号(2007.12.1)

06’問題行動調査 いじめ6.2倍増

2014年12月18日 15:45 by 匿名


 文科省は07年11月15日、06年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」(確定版)を発表した。調査によると、いじめが12年ぶりに増加し、前年度比6・2倍増の12万4898件となった。文科省は増加について「原因の分析はまだだが、いじめの定義変更や調査方法を変えたことが大きい」と話した。

 いじめ「認知件数」を学校別でみると、小学校6万897件(05年度の約12倍)、中学校5万1310件(同約4倍)、高校1万2307件(同約6倍)、特殊教育諸学校(現在は特別支援学校)は384件(05年度71件)。小中高、特殊教育諸学校の55%にあたる2万2159校でいじめが確認され、1校あたりの認知件数で換算すると、小学校2・7件、中学校4・7件、高校2・3件、特殊教育諸学校0・4件となっていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...