不登校新聞

231号(2007.12.1)

06’問題行動調査 校内暴力、自殺件数増加

2014年12月18日 15:25 by 匿名
2014年12月18日 15:25 by 匿名
 06年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」(確定版)では、児童生徒の自殺件数、暴力行為なども発表された。調査によると、自殺と暴力行為の件数に増加が見られた。

 自殺は昨年度より68件増の171件。理由別で見ると、「その他」が全体の50%強を占める。「その他」には、遺書がなく「不明」と判断された人も入るため、例年、件数が一番多くなっている。「その他」に続くのが、学校関係(学業不振、進路問題、友人関係での悩み、いじめ)40件、病気(精神障害、病弱などによる悲観)26件、個人の問題(厭世、異性問題)22件、家庭関係(家庭不和、父母などの叱責)13件と続いた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校の要因はいじめ」子どもと教員、認識差に6倍の開き

624号 2024/4/15

東京都で2万円、富山県で1万5千円 全国の自治体で広がるフリースクール利用料の補助のいま

622号 2024/3/15

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…