不登校新聞

231号(2007.12.1)

ひといき

2017年03月15日 11:40 by 匿名


 「バナナが8本あります。2本食べました。残りは何本でしょう?」。息子の小学校の算数の問題だ。学校で彼は「消化するまでは8本!」と答え、先生に「それはちょっと問題がちがうかな?」と返されたそうだ。まあ、算数の問題としてはそうだろうけど、彼はその後、「でも消化したらなくなるのかな?」と、まだ考えていた。そうだよな。消化したら、ある部分は自分の身体になって、ある部分はウンコやおしっこになって、それがトイレから下水に流れて、下水処理されて汚泥になって、どこぞの海に埋め立てられて、やがて分解して土になったとしても、それは消えたことじゃない。

 ちなみに息子は、週2~3回のペースで学校に行っている。(大阪通信局・山下耕平)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

556号 2021/6/15

森の喫茶店 第556号

556号 2021/6/15

編集後記

555号 2021/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

555号 2021/6/1

中学1年生から中学卒業まで不登校していた当事者に話を聞きました。不登校の経...

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...