不登校新聞

230号(2007.11.15)

第230回 親の会の盛り上がり

2014年12月24日 15:25 by 匿名


連載「不登校の歴史」


 94年11月、「親の会10年――子どもの"いま”を受けとめて」という集会が、東京は日本教育会館で開かれた。登校拒否をしている子どもを学校復帰させようとするのではなく、子どもの気持ち・心を受けとめ、子どもとともに歩こうとする、登校拒否の子どもを持つ親の会は全国に拡がっており、「登校拒否を考える南関東ネットワーク」が主催したものだった。

 プログラムもその拡がりを示すように、①渡辺位さんのお話、②子ども・若者多いに語る、③親の会世話人シンポジウム、④父親たちの発言、と続き、大変盛り上がった集会になった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...