不登校新聞

338号(2012.5.15)

食べるいのち 第5回

2013年07月30日 11:49 by kito-shin


◎いざ最後の決断へ 

 企画始動から、変わったこと、心に残ったこと。自分のなかで言えばお金のことが第一にあがる。この企画では「食べない」「殺さない」という選択をしたときにその鶏を売ることができるよう、ふつうのニワトリではなく「品種」として価値のある鶏を育てきた。その卵を手にいれるのに、卵代、送料、もろもろ含めて地味にお金がかかる。助成金からの負担もいただいた。それなのに、命ゆえ、失敗(途中で死亡)すること3回。孵化しなかった、生きている時間が短すぎて、話のネタがない。記事がないのにお金のかかる企画。もう、あとがない、失敗するわけにはいかないんだ! そして動物愛護法の改正に伴い、インターネット最大手の生き物オークションの生き物部門廃止。もし殺さないという選択をしたときに、一番あてにしていた「売る場所」がなくなってしまったのだ。里親のアテもあるが、不安は拭いきれず。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...