不登校新聞

338号(2012.5.15)

不登校の歴史 第338回

2013年04月30日 17:54 by kito-shin


◎制服も子どもの意見で

 不登校を経験した子どもたちは、どんな学校を望んだか。「フリースクールの学校をつくる子ども評議会」ではさまざまな意見が出された。
 
●いじめがない学校にしてほしい。いじめがあったとき、いままでの学校は先生が通り一遍で親身になってくれない。先生に言ったら先生がいじめっ子を叱ったので、よりひどいいじめを受けた。まず話を聞いてほしいのに、先生が動いてうざったい。
 
●いろんな部屋がほしい。学校は堅苦しいので、薄い布とかを天井につけて、カーテンで区切ったり、見えにくくしてほしい。やわらかい感じ。
 
●四角い机が黒板をむいてダーッとならんでいるのがイヤ。あそこに座らないといけないと想像するだけで気持ちが悪い。
 
●校庭に川をつくりたい。校庭で牛を飼いたい。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...