不登校新聞

229号 2007.11.1

第15回 神戸市いじめ自殺【上】

2015年01月08日 14:21 by 匿名



連載「精神現象」


 神戸市須磨区の私立高校における、男子生徒の飛び降り自殺事件が、注目を集めている。

 生徒のポケットに入っていたA4判3枚のメモには、「罰ゲームで金がたまる一方、もう払えん」「下半身の写真をインターネットサイトに掲載された」などと、記されていたという。この件では、少なくとも3人の少年がいじめに関与したとされ、恐喝未遂容疑で逮捕されている。

 ここで気になるのは、「少年らと被害者は大のなかよしで、恐喝の加害者と被害者という関係にあったとは考えられない」という、付添人弁護士の言葉だ。大のなかよしとは、本当のことなのか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...