不登校新聞

337号(2012.5.1)

漫画家・青野春秋さんにインタビュー

2013年12月20日 10:53 by kito-shin
2013年12月20日 10:53 by kito-shin

青野春秋さんに聞く

 『俺はまだ本気出してないだけ』。主人公は42歳のフリーター。立場はちがうが、不登校・ひきこもりの心情を、内側からえぐり出したような描写が光る漫画である(7面参照記事)。編集部が、いまイチオシの漫画『俺はまだ本気出してないだけ』の作者・青野春秋さんにお話をうかがった。
(子ども若者編集部・田子つぐみ企画)

――どんな子ども時代をすごされていましたか?
 あんまり学校には行ってませんでした。学校がつまらなくて大きらいだったので、いつもサボってました。中学生のときから「学校はつまらないから卒業後は働こう」、と。ふつうに社会に出てふつうに暮らしたかったんです。

 でも、家族からは「高校ぐらいは」と言われ、しぶしぶ高校には入りましたが、やっぱり合いませんでしたね。学校は基本的に遅刻と早退。学校のなかで一番最後に来て一番最初に帰る人でした。でも結局はいろいろあって中退をしました。

――どんな子ども時代をすごされていましたか?
 あんまり学校には行ってませんでした。学校がつまらなくて大きらいだったので、いつもサボってました。中学生のときから「学校はつまらないから卒業後は働こう」、と。ふつうに社会に出てふつうに暮らしたかったんです。

 でも、家族からは「高校ぐらいは」と言われ、しぶしぶ高校には入りましたが、やっぱり合いませんでしたね。学校は基本的に遅刻と早退。学校のなかで一番最後に来て一番最初に帰る人でした。でも結局はいろいろあって中退をしました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりって悪いこと?2人の専門家に聞くひきこもりの現在地

581号 2022/7/1

直近5年で倍増した小学生不登校背景にある生きづらさの低年齢化

567号 2021/12/1

学校再開後に強まる「元どおり」内田良氏が提言する登校以外の道

567号 2021/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…