不登校新聞

337号(2012.5.1)

漫画家・青野春秋さんにインタビュー

2013年12月20日 10:53 by kito-shin
2013年12月20日 10:53 by kito-shin

青野春秋さんに聞く

 『俺はまだ本気出してないだけ』。主人公は42歳のフリーター。立場はちがうが、不登校・ひきこもりの心情を、内側からえぐり出したような描写が光る漫画である(7面参照記事)。編集部が、いまイチオシの漫画『俺はまだ本気出してないだけ』の作者・青野春秋さんにお話をうかがった。
(子ども若者編集部・田子つぐみ企画)

――どんな子ども時代をすごされていましたか?
 あんまり学校には行ってませんでした。学校がつまらなくて大きらいだったので、いつもサボってました。中学生のときから「学校はつまらないから卒業後は働こう」、と。ふつうに社会に出てふつうに暮らしたかったんです。

 でも、家族からは「高校ぐらいは」と言われ、しぶしぶ高校には入りましたが、やっぱり合いませんでしたね。学校は基本的に遅刻と早退。学校のなかで一番最後に来て一番最初に帰る人でした。でも結局はいろいろあって中退をしました。

――どんな子ども時代をすごされていましたか?
 あんまり学校には行ってませんでした。学校がつまらなくて大きらいだったので、いつもサボってました。中学生のときから「学校はつまらないから卒業後は働こう」、と。ふつうに社会に出てふつうに暮らしたかったんです。

 でも、家族からは「高校ぐらいは」と言われ、しぶしぶ高校には入りましたが、やっぱり合いませんでしたね。学校は基本的に遅刻と早退。学校のなかで一番最後に来て一番最初に帰る人でした。でも結局はいろいろあって中退をしました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子どもが一歩を踏み出すときにつぶやく「ひとこと」

593号 2023/1/1

約9割の子どもがいじめを経験 専門家が語るいじめを防ぐ4つのヒント

592号 2022/12/15

ひきこもりって悪いこと?2人の専門家に聞くひきこもりの現在地

581号 2022/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…