不登校新聞

402号 2015/1/15

不登校当事者手記 「学校に行く」と言い続けた理由

2015年01月14日 10:34 by motegiryoga


 不登校になったのは中学3年生の6月。体育の時間にクラスメイトにズボンとパンツを下げられ、みんなから笑われたのがきっかけだった。そのことで母が担任の教師に苦情を言うと、後日、教師から私に電話がかかってきて、「お前のせいでお母さんから怒られたんだぞ」という話を一時間以上された。「もう限界だ」と思い、私は学校に行くのをやめた。
 

ゲームか 寝ているか

 
 それからは家ですごして、寝ているかゲームするかという毎日だった。母は私を無理に学校に行かせようとすることはなかった。それどころかゲームソフトを買ってくれたり、仕事までやめて、「いっしょにいたい」とさみしがる私のそばにいてくれた。そのときはとてもうれしかったのと同時に「自分のせいで仕事をやめちゃったのかな……」という罪悪感もあり、複雑な気持ちだった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

私は「かわいそうな人」ですか、不登校で苦しんだ少女の訴え

526号 2020/3/15

「少しの間、学校へ行けなかった」そんな私も不登校なのだろうか

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...