不登校新聞

402号 2015/1/15

渡辺位さんの言葉「手紙」

2015年01月13日 15:04 by kito-shin


連載「渡辺位さんの言葉」


 私は不登校を考える会の代表をしている母の縁から渡辺さんと出会い、手紙のやり取りをさせていただいていました。ムリをして高校に通い病気になってから、渡辺さんのおっしゃることにとても共感し、そのことを手紙に書いたのが始まりでした。今回、原稿を書くにあたり、一言に絞りきることができず、渡辺さんからいただいたお手紙をご紹介したいと思います。これを読むと、ふだん、渡辺さんが自身を見つめておられた日常がどのようなものか少しわかります。私にとってこの手紙は家が火事になれば真っ先に持って出ていきたいものです。原文のまま読んでいただければ幸いです。

2008年2月15日
「小生、子供の頃から体力は余りない方で病気がち。小学校は1/3位しか通っていません。中学でも、大学でも、そして社会人になってからも、度々長期間休みました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...