不登校新聞

402号 2015/1/15

ひきこもりからの提案「UX会議」に300人超

2015年01月13日 16:14 by koguma



 2014年11月30日、本紙ほか5者共催で開催された「ひきこもりUX会議」には、ひきこもり当事者やその家族など300人以上が参加した。「UX」とは「ユーザー・エクスペリエンス」の略で「利用者経験」を意味する。ひきこもり経験者や支援者など8人が登壇し、各々の経験から実用的な提言を発信する、というのがイベントの狙いだ。
 
 当事者や経験者が介在しない支援は無理です――。そう語る小林博和さんは、7年間ひきこもった。そのようすをカメラで追い続けたのは、小林さんの弟。2001年にできあがったドキュメンタリー映画『home』は上映されるやいなや、大きな反響を呼んだ。
 
 映画が転機となり、小林さんは現在、長野県で私塾を開いて子どもたちに勉強を教えるかたわら、不登校やひきこもりの支援をしている。「ひきこもった経験があるからこそわかることもある。何がきっかけになるかわからないが、ひきこもり経験者との出会いを大切にしてほしい」と訴えた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりイベント情報

526号 2020/3/15

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

526号 2020/3/15

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

525号 2020/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...