不登校新聞

402号 2015/1/15

元ひきこもりのサポステ相談員が提唱「医療と支援」の使い方【UX】

2015年01月13日 16:50 by koguma


2014年11月30日、本紙ほか5者共催で開催された「ひきこもりUX会議」では、8名のひきこもり経験者が「新しいひきこもり支援」を提案。今号ではそのうち2名(林さん、岡本さん)のプレゼン内容の抄録を掲載する。

 今日は「医療と支援の使い方」というテーマについて、僕自身のひきこもり経験を交えながらお話したいと思います。「ひきこもり支援」という場合、とくに医療については、よいイメージを持っていない方も多いんじゃないかと思います。しかし、現実の選択肢として、最初からこれを否定してしまうのはもったいないと思います。
 
 僕が受けた支援は「医療」「カウンセリング」「当事者グループ」と大きく3つに分けられます。まず「医療」についてですが、「怠けではない」と精神科医に言ってもらえたこと、そのことですごく安心できました。また、「ひきこもり」という言葉を知り、自分の立ち位置を把握できたことも大きかったです。ほとんど「救い」に近かったですね。「カウンセリング」では、当時ぐちゃぐちゃになっていた自分の思いを言葉で整理できましたし、「当事者グループ」に参加することで、自分と同じような人と出会えたこと、これも安心感につながりました。
 
 いろいろ支援を受けた僕がよい方向にすすめたのはなぜか、一つには両親の存在です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...