不登校新聞

402号 2015/1/15

元ひきこもりのサポステ相談員が提唱「医療と支援」の使い方【UX】

2015年01月13日 16:50 by koguma


2014年11月30日、本紙ほか5者共催で開催された「ひきこもりUX会議」では、8名のひきこもり経験者が「新しいひきこもり支援」を提案。今号ではそのうち2名(林さん、岡本さん)のプレゼン内容の抄録を掲載する。

 今日は「医療と支援の使い方」というテーマについて、僕自身のひきこもり経験を交えながらお話したいと思います。「ひきこもり支援」という場合、とくに医療については、よいイメージを持っていない方も多いんじゃないかと思います。しかし、現実の選択肢として、最初からこれを否定してしまうのはもったいないと思います。
 
 僕が受けた支援は「医療」「カウンセリング」「当事者グループ」と大きく3つに分けられます。まず「医療」についてですが、「怠けではない」と精神科医に言ってもらえたこと、そのことですごく安心できました。また、「ひきこもり」という言葉を知り、自分の立ち位置を把握できたことも大きかったです。ほとんど「救い」に近かったですね。「カウンセリング」では、当時ぐちゃぐちゃになっていた自分の思いを言葉で整理できましたし、「当事者グループ」に参加することで、自分と同じような人と出会えたこと、これも安心感につながりました。
 
 いろいろ支援を受けた僕がよい方向にすすめたのはなぜか、一つには両親の存在です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「入学式は行く」と決意したのに、まったく行けなかった私の不登校

527号 2020/4/1

「つらい仕事のイメージを変えたい」不登校で学んだ自己決定を支えに

527号 2020/4/1

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。