不登校新聞

402号 2015/1/15

ひきこもり夫婦の提案「働き方」を変える【UX】

2015年01月13日 16:51 by koguma


2014年11月30日、本紙ほか5者共催で開催された「ひきこもりUX会議」では、8名のひきこもり経験者が「新しいひきこもり支援」を提案。今号ではそのうち2名(林さん、岡本さん)のプレゼン内容の抄録を掲載する。

 「働き方」についてお話する前に、私の不登校・ひきこもり経験について、かんたんにお話します。高校2年生で不登校した私は、20代半ばでひきこもりました。信頼できる精神科医や同じ経験をした人たちとの出会いもあり、28歳のとき、ひきこもりを抜けました。その後は短期のアルバイトや正社員として働きましたが、「働いて稼がないと餓死してしまう」という強迫観念につねに追い立てられていました。心身を壊し、働いて得た給与が治療費に消えていく。「私はいったい何をしているんだろう」という葛藤を抱えながらの毎日でした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

私は「かわいそうな人」ですか、不登校で苦しんだ少女の訴え

526号 2020/3/15

「少しの間、学校へ行けなかった」そんな私も不登校なのだろうか

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...