不登校新聞

402号 2015/1/15

ひきこもり夫婦の提案「働き方」を変える【UX】

2015年01月13日 16:51 by koguma


2014年11月30日、本紙ほか5者共催で開催された「ひきこもりUX会議」では、8名のひきこもり経験者が「新しいひきこもり支援」を提案。今号ではそのうち2名(林さん、岡本さん)のプレゼン内容の抄録を掲載する。

 「働き方」についてお話する前に、私の不登校・ひきこもり経験について、かんたんにお話します。高校2年生で不登校した私は、20代半ばでひきこもりました。信頼できる精神科医や同じ経験をした人たちとの出会いもあり、28歳のとき、ひきこもりを抜けました。その後は短期のアルバイトや正社員として働きましたが、「働いて稼がないと餓死してしまう」という強迫観念につねに追い立てられていました。心身を壊し、働いて得た給与が治療費に消えていく。「私はいったい何をしているんだろう」という葛藤を抱えながらの毎日でした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【世界一受けたい授業出演特集】不登校から東大、リクルートへ ありがたかった母の対応

552号 2021/4/15

小6の私の心に突き刺さったのは、担任からの思いがけない言葉

552号 2021/4/15

他人の目を恐れてた中学生の自分に28歳になった今伝えたいこと

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...