不登校新聞

402号 2015/1/15

不登校とバイト 時給0円で気持ちよく

2015年01月29日 16:35 by motegiryoga



 「バイトを始めてみたい、でも怖い」。そんなあなたにおすすめなのが「ボランティア」だ。
 
 ふつう、労働には「お金を支払うんだからその分ちゃんと仕事しろよ」という契約関係がある。でもボランティアはお金がもらえないから「○○しろよ」という圧力が弱いというか、ない。無給労働なんだから強制力はないし、やったらそれだけ感謝される。しかもやっている作業は立派に「労働」だから、これから「有給労働」を始める場合のお試し期間にもなる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校専用アルバイトマニュアル最終回「働かずに暮らす方法」

411号 2015/6/1

不登校専用アルバイトマニュアル 13年で実働30日。働けない私のいま

410号 2015/5/15

バイト決断から2年働けず 編集長 石井志昂

409号 2015/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...