不登校新聞

402号 2015/1/15

発達障害、親はどうすれば? 精神科医・高岡健

2015年01月13日 16:48 by koguma

 

発達障害も基本的な考え方をおさえずに、ハウツー的に子どもを何とかしようとするのは大きな誤りだということを最初に確認しておきます。

そもそも発達障害という言葉が生まれたのは1970年代のアメリカ。白人のプロテスタント以外は活躍できない社会状況に異を唱える公民権運動が熱を帯びた時代でした。

知的障害や脳性まひなどの身体障害を持っていても、また有色人種であっても、そのままで生きていける権利を確立しよういう運動のなかで生まれたのです。ですから、発達障害というラベルを張られた瞬間から、そのままで生きていける権利を有するということになる、まずこの点を押さえておくことが重要です。

では、実際に「親にできること」は何か。「文化交流」という視点を持つことです。たとえば、日本とインドネシアで文化交流する場合、私たちはインドネシアの言語を覚え、歴史や習慣を学びます。その逆もまた然りです。ではこのとき、どちらかが自国の文化を一方的に押しつけようとするならばどうなるか。それはもはや「植民地支配」と言えるでしょう。

もう少し具体的に、「自閉症スペクトラム」を例に挙げ考えてみます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校復帰を目指さない」教委が語る栃木県町長の教育改革

191号(2006.4.1)

NPO代表が語る、学校外の学びを公的に位置付ける意義

191号(2006.4.1)

知事の提案で広がった不登校の支援事業

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。