不登校新聞

402号 2015/1/15

不登校、親はどうすれば? 精神科医・高岡健

2015年01月13日 16:47 by koguma
 
 
 「親にできることは何か」というと、えてして「効果的なテクニックとは何か」ということに目が向きがちです。しかし、問題の本質をおさえていない場合、その多くが裏目に出てしまうものです。本日は不登校、ひきこもり、発達障害についてお話しますが、各々の本質を理解したうえで、「親にできることは何か」について考えていきます。
 
まず、不登校について。不登校の推移を見ると、1960年代から1970年代にかけていったん減少して以降、増加の一途をたどるという不思議なカーブを描きます。これは2つの事実を整理することで説明ができます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

国から年間14万円支給されるってホント?~世界の「ホームエデュケーション」事情

459号 2017/6/1

本質と向きあう生き方を 原一男

232号(2007.12.15)

共謀罪は何が怖いのか 中村順英さん

203号 2006.10.1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...