不登校新聞

228号2007.10.15

かがり火 奥地圭子

2015年01月15日 13:02 by 匿名


 "教育”の名のもとに、子ども・若者に対し、指導者の立場にある者が暴力を振るう。

 時津風部屋で、17歳の弟子を親方がビール瓶で殴り、兄弟子たちも金属バットで殴打、翌日激しい「ぶつかりげいこ」中に急死する事態が起きた。鼻、目、口、胸、腕など全身傷だらけの遺体だったという。

 さらに武蔵川部屋でも、親方による暴行が発覚した。しかし、部屋側は「若手力士にふるった暴力はしつけのため」だと言う。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

コロナ状況と不登校 不登校の歴史vol.542

542号 2020/11/15

ひといき

542号 2020/11/15

森の喫茶店 第542号

542号 2020/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

542号 2020/11/15

その歌唱力で存在感を示している「BiSH」のアイナ・ジ・エンド。不登校や高...

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...