不登校新聞

228号2007.10.15

ひといき

2015年01月15日 13:04 by 匿名


 秋といえば実りの秋だ。梨や栗など、秋の味覚はたくさんあるが、なかでも私は梨が大好きだ。梨の魅力はなんといってもシャリッとした歯応えだと思う。ラ・フランスには歯応えがない。あれを梨と認めるわけにはいかない。

 母の実家が20世紀梨で有名な鳥取なので、秋になると梨がたくさん届く。送ってくれた祖母に感謝しながら、『ようやく秋になった!』とムシャムシャと梨を食べた。子どものころは、三食梨を食べたいと思っていた。

 梨を食べると秋がきたと実感できるのだが、梨好きとしてはぜひ一年中食べたい。どうして梨は一年中生産できないのだろうか? 生産してくれたら食べるんだけどなぁ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

コロナ状況と不登校 不登校の歴史vol.542

542号 2020/11/15

ひといき

542号 2020/11/15

森の喫茶店 第542号

542号 2020/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

542号 2020/11/15

その歌唱力で存在感を示している「BiSH」のアイナ・ジ・エンド。不登校や高...

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...