不登校新聞

228号2007.10.15

少年付添人問題で集会

2015年01月15日 14:33 by 匿名
 07年9月29日、名古屋で愛知県弁護士会が少年事件の付添人活動についてのシンポジウム「だから、君に付き添いたい~江川紹子さんと考える少年事件・付添人」を開いた。同弁護士会子どもの権利特別委員会が中心になって制作した弁護士が少年の付添人として活動する場面を紹介する短編ビデオ、実際の少年と母親のインタビュービデオを観賞しながら、パネラーの江川紹子さん(ジャーナリスト)と多田元弁護士が語りあうかたちで進められた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

県内100カ所以上の不登校の相談先を網羅、千葉県教委が冊子作成

554号 2021/5/15

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...