不登校新聞

228号2007.10.15

第7回 火の粉はふり払わねば【下】

2015年01月15日 14:40 by nakajima_


連載「家庭内暴力」


 家庭内暴力は、強迫神経症の一つだと思う。

 だから、暴力だけでなくそれに付随して、パンドラの箱から飛び出してくるさまざまな人間悪のように、いろいと神経症が出てきた。

 『くそじじい! くそばばあ!』に始まる聞くに耐えない罵詈雑言、散髪に行けない、風呂に入れない、手を洗い続ける、無理難題を言う……など、列挙したらきりがない。

 それに対して、要求はすべて受けいれる、話は最後まで聞く、いっしょに遊ぶ、議論はしない、子どもの手となり足となって動く……などの対応の仕方をした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...