不登校新聞

228号2007.10.15

第14回 少年調書漏示出版【下】

2015年01月15日 14:48 by 匿名


連載「精神現象」


 奈良医師宅放火殺害事件の精神鑑定を行なった医師は、調書に関しての秘密漏示容疑を否認しているという。だから、現時点では、この医師が調書の写しや鑑定書を提供したと、断定することは慎まねばねらない。それでも、A4版3000枚の調書類を入手したと、著者である草薙氏が明言している以上、誰かがそれらを漏示したことは確かだ。

 弁護士と同じく医師も、職業上知り得た秘密を漏らすことは許されていない。それは、法律に定められているという以上に、倫理の問題だ。仮に、精神鑑定に携わる医師が秘密を漏示するとわかっていたなら、誰しもが本当のことを話そうと思わなくなるだろう。それでは鑑定医としての仕事が成立しない。倫理とはそういう意味だ。では、社会に対して精神鑑定医は、ただ口を閉ざしていればいいのだろうか。そういうわけにはいかないと、私は思う。個別の事件には、人々にとって普遍性を帯びていると考えられる部分が、必ず含まれている。個人の匿名性を考慮したうえで、普遍的な部分を開示する方法が、確立されねばならない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

543号 2020/12/1

「不登校の理由にわかりやすさのみを求めることは暴力的です」と語るフリーライ...

542号 2020/11/15

その歌唱力で存在感を示している「BiSH」のアイナ・ジ・エンド。不登校や高...

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...