不登校新聞

228号2007.10.15

論説「人のふるまいには理由が」

2015年01月15日 15:01 by 匿名


 教室で机の前に長く座っていられず、すぐに立ち上がってうろうろしたり、教室から飛び出していく子どもたちが、どの学校にも多少はいるものです。

 ところが、教室は机の前に座って勉強するところだと思っている親や教師にとっては、こういう子どもたちのふるまいがとても不可思議に見え、あるいはときにその域を越えて異常だとさえ見えるらしく「どうしてこの子はこうなの?」と口走ってしまう人が少なくありません。

 いや、私たちだって、子どもを「ありのままに受けいれる」などと言いながら、はみ出しの度が過ぎれば、やはりこの問いに囚われてしまいがちです。「どうして」という問いはそれだけ素朴であるとも言えます。それに実際、これをあえて避けるというのも、かえっておかしいかもしれません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校新聞の創刊に至った9月の事件

193号(2006.5.1)

学校基本調査速報に見る、強まる投稿圧力 内田良子

201号 2006/9/1

論説 “心の非暴力”を 森英俊

202号 2006.9.15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...