不登校新聞

228号2007.10.15

わが家の場合「父が夫になって父になる?」

2015年01月15日 15:05 by nakajima_


 娘の花子(17歳)が高校に行けなくなって、まもなく1年半になります。ここ4カ月ほどは、まったく外出ができなくなり、現在は、昼夜逆転、テレビと新聞と、手洗い・からだ洗いで、元気に日々を過しています。

 先日、家内が首筋の捻挫をして、緊急で自宅へ懸かりつけの整体の先生に往診をお願いしました。娘は、ふだんならば他人が家に入ることを拒否するのですが、家内の容態がひどいのを見てか、だいぶガマンをして覚悟を決めて、先生を迎えました。このとき、祖母も整体の施術を受けに、わが家に立ち寄りました。

 久しぶりに娘の顔を見て、整体の先生も祖母も、「どうしているか心配だったけど、花子さん元気そうだね!」と、同じ感想を私に告げて帰っていき、私も「ハイ元気です!」と答えました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。