不登校新聞

337号(2012.5.1)

つながるオルタナティブ北海道 第12回

2013年07月30日 12:23 by kito-shin

親どうしがつながることで生まれる偶然



 「アーベルの会」は、札幌にある不登校の子どもをもつ親の会です。あるとき、北海道大学の横湯園子先生のお話を偶然聴いたことから、数人の親たちで1995年に会を発足しました。現在は親たちだけで札幌駅近くで月に一度例会を開いています。

 例会は小中高で不登校をしている子どもの保護者を中心に、OBの親たちや事務局で構成されています。いま困っている参加者自身に元気と自信を取り戻してほしい。そのために例会は安心して本音を語れる場でありたいと願っています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...