不登校新聞

228号2007.10.15

第228回 僕らしく君らしく自分色

2015年01月15日 15:22 by 匿名


連載「不登校の歴史」


 大陸横断旅行を敢行した95年の9月、東京シューレの子どもたちは、18人の手記をまとめ、「僕らしく 君らしく 自分色」という本を出版した。刊行委員会のまとめ役は、当時16歳、現在シューレ出版の社員をやっている須永祐慈くんがみずから立候補した。

 この本は、教育資料出版会の協力を得て、子どもが書き、子どもがつくる本として、また東京シューレの5周年記念に出した「学校に行かない僕から学校に行かない君へ」の第2弾として、10周年に出版したいと企画されたものである。どちらも「僕」「君」がつくことから、「僕君第1弾」「僕君第2弾」と呼ばれてきた。第1弾は登校拒否の仲間向けに書かれたが、第2弾は、「今いじめなどで苦しんでいる人たちに、学校へ行かない生き方もあるということを知ってもらえればいいなあと思ってつくりました」(須永祐慈序文)と外向けになっている。本欄で以前取り上げたように、前年の11月大河内清輝君のいじめ自殺があり、数カ月間いじめが社会問題化していたことに、胸を痛め子どもたちが考えたことである。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...