不登校新聞

227号(2007.10.1)

ひといき 小熊広宣・石井志昂

2015年01月22日 14:21 by 匿名
2015年01月22日 14:21 by 匿名


 先日、「メイド喫茶」というものに初めて行った。頼んだコーヒーがさらにおいしくなるように『萌え~』というかけ声をメイドさんが送る。注文したパスタも混ぜてくれ、「萌え萌えジャンケン」などのイベントがあり、まさに至れり尽くせりだった。

 ただ、私も今年で27歳。パスタぐらい自分で混ぜられるし、萌えずともジャンケンだって一人前にできる、成人男性である。しかし、そうしたやりとりに癒しを求める需要があるからこそ、発展してきたであろう「メイドさん文化」。テロや環境破壊に右往左往する昨今の世界情勢を踏まえると『日本はまだ平和かなぁ』と、食後に頼んだ「くまたんケーキ」を食しながら、ふと考えた。 (東京編集局・小熊広宣)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

626号 2024/5/15

編集後記

626号 2024/5/15

『不登校新聞』のおすすめ

625号 2024/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…