不登校新聞

227号(2007.10.1)

杉並区 「改正」教育基本法を条例化へ

2015年01月22日 14:36 by 匿名
2015年01月22日 14:36 by 匿名
 昨年末の「改正」教育基本法を受けて、東京都杉並区が「教育基本条例等に関する提言」をとりまとめた。「家庭教育への支援」「郷土愛を育む施策の充実」「就学前教育の充実」など、「改正」教育基本法成立の過程においても、大きな議論となった事項が盛り込まれた。条例として成立した場合、行政機関や区議会などに対し、拘束力をもつこととなる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校の要因はいじめ」子どもと教員、認識差に6倍の開き

624号 2024/4/15

東京都で2万円、富山県で1万5千円 全国の自治体で広がるフリースクール利用料の補助のいま

622号 2024/3/15

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…