不登校新聞

227号(2007.10.1)

声「死刑は必要?」

2015年01月22日 14:52 by 匿名
2015年01月22日 14:52 by 匿名


 高岡健さんの、殺人被害者のご家族についての洞察を、ふむふむ…そうなのか…と、うなずきながら読んでおります。

 10年ほど前ですが、次女が一晩、行方不明になったことがありました。

 じつは立派な「プチ家出」だったのですが、私は「もうぜーったい、何かの事件に巻き込まれたんだぁ!」と勝手に決めつけて、大騒ぎしていました。

 どこかで私に助けを求めているにちがいない、怖い思いをしてるにちがいない……と狂乱状態でした。そのときの恐怖を思い出すと、いまでも膝がガクガクします(頼むから、「家出」するときは一筆書いといてくだされ、と子どもたちに申し渡しました)。

 たった一晩で、あんなにつらいんだから、実際に家族が被害にあってしまったらどんなだろう……、想像するのも苦しいです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あなたは誰より大切だよ」不登校を経験した4児の母が、あのころ一番欲しかった言葉【全文公開】

624号 2024/4/15

「僕、先週死んじゃおうかと思ったんだよね」小5で不登校した息子の告白に母親が後悔した対応

623号 2024/4/1

「原因を取り除けば再登校すると思っていた」不登校した娘の対応で母がしてしまった失敗から得られた気づき【全文公開】

623号 2024/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…