不登校新聞

227号(2007.10.1)

第227回 ユーラシア大陸横断旅行

2015年01月22日 15:39 by 匿名

連載「不登校の歴史」


 世界で一番大きな大陸、ユーラシア大陸を端から端まで横断したい、こんなすごい夢が生まれたのは、94年4月、日米フリースクール交流が終わりかけのころだった。そしてそれは、95年の夏休みに実現したのだった。子ども19名、スタッフ4名の計23名が約1カ月、日本海から大西洋まで、国でいえば中国からオランダまで、陸路だけで横断したのである。しかし、それはかんたんなことではなかった。未知のことが次々と起こり、どうしようという困難にいろいろぶつかるが、だからこそ生涯忘れえない冒険旅行ともなった。

 最近では、学校の修学旅行で海外渡航もめずらしくないが、スタッフが計画・準備をして引率するのがほとんどであろう。フリースクールは子ども中心でつくるので、そこがまったくちがう。まず、関心のある人たちで実行委員会がつくられ、何をしに行くのか、どんな旅行にしたいかなど、じっくり話しあわれた。いつ行くかは、やはり夏休みがいいということになったものの、どこに行きたいかとなると、めいめいの希望が山ほどあって、絞るのに大変だった。一人ひとり希望地を調べてきて、発表しあい、料理をつくってみたり、その国へ行ったことのある人に話を聞いたり、大使館に問い合わせたり、毎週毎週やることがいっぱいあった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...