不登校新聞

226号2007.9.15

第12回 光市母子殺害裁判【下】

2015年01月29日 13:05 by 匿名
2015年01月29日 13:05 by 匿名


連載「精神現象」


 遺族である本村洋氏の話の中から、私の記憶に残っている部分を、もう一つ書き留めておこう。本村氏は、ある米国の犯罪加害者が死刑と直面して、はじめて真に謝罪することができたようすを語っていた。だから、死刑は贖罪の心をもたらすのだという。記者会見でも同じく「被告人に死刑判決が下り、反省し慟哭することを願っている」と述べていた。

 だが、私が被害者の遺族なら、たぶん、そうは考えないだろう。加害者が自らの死を目前にして罪を悔いようが、死罪を免れて更生しようが、私にとってはどうでもいいことだ。ただ、亡くなった私の愛しい人が成仏してほしいと、ひたすら願うだけだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…