不登校新聞

226号2007.9.15

長田塾裁判、判決へ

2015年01月29日 13:15 by 匿名
2015年01月29日 13:15 by 匿名
 05年の8月、長田塾を含む不登校・引きこもりビジネスを検証する集会を開きました。

 そのとき、ゲストの多田弁護士から「長田塾を相手に裁判を起こす」との報告がありました。当日のアンケートに「裁判を応援したい」と多くの書き込みがあり、後日にも「裁判を支援したい。カンパの送り先を教えて」という問い合せが相次ぎました。私たちにまったくその気はなかったのですが、皆さんの熱意に押され「やるしかない」と決めました。「原告を勝手に支援する会」の誕生です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校の要因はいじめ」子どもと教員、認識差に6倍の開き

624号 2024/4/15

東京都で2万円、富山県で1万5千円 全国の自治体で広がるフリースクール利用料の補助のいま

622号 2024/3/15

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…