不登校新聞

226号2007.9.15

長田塾裁判、判決へ

2015年01月29日 13:15 by 匿名
2015年01月29日 13:15 by 匿名
 05年の8月、長田塾を含む不登校・引きこもりビジネスを検証する集会を開きました。

 そのとき、ゲストの多田弁護士から「長田塾を相手に裁判を起こす」との報告がありました。当日のアンケートに「裁判を応援したい」と多くの書き込みがあり、後日にも「裁判を支援したい。カンパの送り先を教えて」という問い合せが相次ぎました。私たちにまったくその気はなかったのですが、皆さんの熱意に押され「やるしかない」と決めました。「原告を勝手に支援する会」の誕生です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールに通う不登校家庭に都が年最大12万円支給 調査協力を条件に

582号 2022/7/15

不登校対応はどう変わるか 最新の有識者会議報告書の要点を本紙記者が解説

582号 2022/7/15

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…