不登校新聞

403号 2015/2/1

元気になったきっかけは? 不登校・16歳に聞く

2015年01月29日 15:13 by koguma


――不登校はいつから?
 中学1年生の11月から完全に学校に行かなくなりました。小学生のときから、名前をわざとまちがえるからかいが続いていて、中学に入ると、先輩・後輩という上下関係もそこに絡んでくるようになったのがきっかけです。

 両親は「いずれ学校に戻ってほしい」と思っていたんじゃないかな。そういうのって言葉の端々に見え隠れするし、気づいちゃうんです。けっこうプレッシャーになったりして(笑)。

 でも、学校に行くことを無理強いされたこともないし、母は「東京シューレ葛飾中学校」を探してきてくれましたから、不登校している僕の気持ちを大事にしてくれていたんだと思います。

つねにあった親への罪悪感


――ご両親に対して、どんな思いを持っていましたか?
 罪悪感というか、申し訳なさというか、つねにそういう気持ちがありました。不登校してから1週間くらい「僕だけがサボっている」という引け目があって。

 ただ最近気になるのは、お金のこと。公立学校に通っていれば余計な心配をかけなくて済むわけですから。両親が聞いたら「お前はお金の心配なんかするな」って怒られそうだけど、いろいろ考えてしまいます。父はもちろん、母もパートと家事の両立で忙しそうだし、家計的にもけっして余裕があるわけではないと思う。今はフリースクール「東京シューレ」に通って充実してるけど、そういう悩みは頭の片隅に、いつもあります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...